2018年5月28日

接骨院の看板の費用とデザインについて

接骨院の看板設置の費用を求める際に、どのようなデザインにするかが重要となります。接骨院の看板のデザインは好印象を与えるものであることに加え、どのような状況での看板設置かを考慮して決める必要があります。ここでは接骨院の看板設置で考えるべきことをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

接骨院の看板設置に関する費用について

接骨院

まず、看板の設置にかかる費用は大きく4つに分類されます。

・本体の価格
・広告面制作費
・取り付け工事費
・運搬料

看板本体は看板の素材や大きさ、広告面はデザインに用いる素材や加工方法などで費用が異なります。取り付け工事は設置方法や設置場所などで変わってきます。運搬料は業者と設置する場所が離れている程看板のサイズが大きさや重いほど高くなります。

以上のことから、看板の費用は種類やデザインで異なるため、設置する看板が決まらないとはっきりとした金額を求めることはできません。しかし、費用が変わる要因はほぼ同じです。

費用が高くなってしまう要因

接骨院の看板は20万円以下で制作できるものもあれば100万円以上かかるものもあります。20万円以下であればパネル看板やカッティングシート、小さめの看板を複数制作することが可能です。20~50万円かけると大きめな看板、コンビニの看板のような欄間看板を制作できます。

新規開院でスタンド看板と欄間看板、袖看板を全て設置すると50~80万円かかります。メイン看板の大幅リニューアルや大型看板を複数制作するとなると100万円以上なることがあります。

また、看板の材質でも価格が違ってきます。カッティングシートは塩化ビニール樹脂などでできているため安価なものが多いですが、アクリル板ですと高額になることがあります。

デザイン費は自分で行うと無料です。但し、デザインにはある程度の知識と技術が必要になるので注意しましょう。業者に依頼をすると3~7万円ほどかかります。費用はかかってしまいますが、安定して仕上がりが期待できます。

取り付け工事費は、看板の大きさと設置場所で価格が違ってきます。大型の看板をビルの高所に取り付ける場合は人件費もかかりますし、高所作業車を用意すると10万円以上になるケースもあります。

新規開院・開院後のデザインのポイント

接骨院の看板は新規開院や移転、または開院してからある程度経過しているかで、デザインに反映させるべき内容が異なります。まずは新規開院や移転のケースについてご紹介します。

開院してみなければ、ご自身が売りにしたい施術にニーズがあるかは分かりません。開院前から独自性を主張すると逆効果となる可能性があります。新規開院や移転の場合は、安心感があり、好感を持てるようなデザインにすることが肝心です。

次に開院後の場合、開院から3年ほど経過すると患者さんのニーズやご自身のやりたいことが鮮明に見えてくるのではないでしょうか。開院したばかりの頃は好感度のある看板が集客に欠かせませんが、独自性をPRするためには好感度だけでは物足りません。

そこで、専門性を感じられるデザインを取り入れてみるのがおすすめです。他にも自店の強みが分かりやすく表示できるタペストリー看板を導入するなど、看板のリニューアルと併せてホームページもリニューアルもすると、より患者さんに独自性が伝わりやすくなります。

他の接骨院と差別化を図りたいのでしたら、ロゴや色でご自身の接骨院らしさを表現することも大切です。お客様に好印象のほうがインターネットで検索してもらえますし、来院にもつながります。

看板のデザインと設置する際の注意点

入りやすいデザインにすることは重要ですが、お客様の目に留まらなければ看板を設置した意味がありません。ここでは看板のデザインと設置する上での注意点についてご紹介します。

派手過ぎたりシンプル過ぎるデザインにしない

接骨院は飲食業やアパレル業と比較すると、看板デザインの幅が狭いのが現状です。数年前までは店舗数が限られていたこともあり、接骨院であることが分かれば来院に結びつきました。しかし、近年は接骨院が増えているためここに通いたいと思ってもらうことが必要です。

接骨院を選ぶ際、ホームページや口コミサイトを参考にされるお客様は多いと思いますが、店頭に違和感があると入店まで至らないことがあります。来院のハードルを下げるためには、違和感のない看板が重要です。メディカル業界らしくない派手な看板ですと、技術や院の雰囲気か掴めず患者さんを不安にさせてしまうので注意しましょう。

かといって、シンプル過ぎるのもよくありません。何を売りにした接骨院なのか分からない場合も、患者さんが入りにくくなってしまいます。嫌悪感を与えずにご自身の接骨院の特徴を伝えられるデザインが、あらゆる方から選ばれる看板になります。

住宅地の接骨院の看板は入口が分かるようにする

接骨院は自宅の一部で開院されるケースの多い業態です。自宅で開院すると家賃料が発生しないため、経費を大幅に抑えられるメリットがありますが、一般住宅と変わらない外観をしているため集患が難しくなります。

住宅地にある接骨院の場合、周辺の住民をメインターゲットにすると考えられます。その際に看板が宣伝の役割を果たしてくれます。合わせて、一般住宅とは異なることと入りやすさを演出しなくてはいけません。住宅地で目立つ色の看板を設置してしまうと悪目立ちするため、使用する色は周辺と馴染むものがよいでしょう。デザインよりも接骨院の入口を示す場所に設置するなど、設置場所の工夫が必要です。

まとめ

接骨院の看板に関する費用やデザインの考え方をご紹介しました。看板は種類とデザインで費用が大きく変わります。特にデザインは新規開院かリニューアルかでポイントが異なりますが、安心して通ってもらえることが必須です。接骨院の印象をより良いものにするため看板を制作しましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります