2018年5月28日

焼肉屋の看板の費用・種類・デザインの考え方

焼肉屋の看板は種類やデザインで費用が決まります。同じ情報でも種類やデザインで印象が異なることからも、慎重に考える必要があります。ここでは設置する看板を決める際のポイントをご紹介しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

焼肉屋の看板制作にかかる費用

焼肉屋

焼肉屋の看板を設置するには、看板の本体価格の他に広告面の制作費取り付け工事費などがかかります。本体価格は看板の種類大きさ、広告面の制作費は加工方法デザイン、取り付け工事費は工事にかかる時間作業員の人数などで価格に差がでます。

看板の費用は種類やデザイン、工事内容などで異なるため、設置する看板や設置方法が決まらないと予算を組むことは難しいです。しかし、どのようなデザインや工事内容であっても、費用が変わるポイントは共通しています。

費用が変わるポイント

看板の設置は20万円以下でできるものもあれば、100万円以上かかるものもあります。20万円以下でしたら小さめの看板を複数制作したり、スタンド看板などが設置できます。20~50万円では欄間看板または袖看板の設置、看板の部分的な修繕や大型の看板も1つだけでしたら制作可能です。

50~80万円かけると焼肉屋などの飲食店には欠かせない、欄間看板袖看板スタンド看板を3つ同時に設置できます。80~100万円ですと立体看板やオブジェの制作、小規模な店舗の看板であれば全体のリニューアルもできるかもしれません。大型の看板を複数制作したり、大幅なリニューアルを行うと100万円以上かかることがあります。

取り付け工事は日数が長くなる程、作業員の人数が多くなる程に費用は高額になります。さらに、日中よりも夜間作業の方が人件費がかかります。高所に看板を設置する場合、高所作業車クレーン車などを用意するため追加料金がかかります。
看板の運搬料は業者から遠くなるほど高くなり、サイズや重量によっても費用が変わります。

焼肉屋におすすめの看板の種類

看板の制作では、看板の種類が費用を左右します。また、店舗の印象にも影響を与えるものなので慎重に考えなくてはいけません。ここでは、焼肉屋で使用されることの多い看板のタイプをご紹介します。

カッティングシート(ウィンドシート)

カッティングシートは裏面に粘着材がついているため、窓ガラスや看板に直接貼ることができます。カラーも豊富で文字やロゴの形に加工できるので、好みのものを選ぶことができます。手描きよりも正確にデザインデータを再現できるのも特徴です。

カッティングシートを窓に貼り付け、メニューをPRするという使い方もあります。店頭にメニュー表を置くよりも大きい字で表示できるため、焼肉屋ということがひと目で分かり、印象に残りやすいというメリットがあります。 2階以上のお店ではカッティングシートを利用することで、お店のある場所を伝えられることができるので特におすすめです。

タペストリー

タペストリーは主に店頭に垂れ下がっている、のぼり旗に似た看板です。タペストリーに使用される生地は安価なものが多いため、手頃に看板を設置することができます。しかし、耐久性には劣るため長期間の使用には不向きです。写真が掲載できるので期間限定メニューを提示するなど、定期的に内容が入れ替わる場合におすすめです。

木製看板

木製看板には木板自体を看板として壁にかけるものや、フレームのみを木製にしたもの、スタンド看板で表示面を木製にしたものなとがあります。
目の出方で印象が異なるのが特徴で、独自性の高い看板を作ることができます。

落ち着いた色味のものを選ぶと高級感が演出できるため、単価が高めの焼肉屋におすすめです。文字を手彫りにすると存在感やこだわりを付加できます。 ただし、木製看板は雨風による劣化が避けられないため、色落ちしたらペンキで塗り直すなど、定期的なメンテナンスが欠かせません。

突き出し看板

突き出し看板とは店頭から街頭に突き出すように設置する看板です。前後に情報を載せることができるため、人通りの多い立地にある場合は特に宣伝効果が期待できます。突き出し看板はお店の名前やロゴマークだけなど、シンプルなものにするほうが遠くからでも通行人の目に留まります。

スタンド看板

スタンド看板は道行く人の視界に入りやすい看板のため、店頭でメニューを紹介する際に利用されるケースが多いです。スタンド看板には面板がカーブ状でデザイン性の高いR型や横から見るとA型になっているA型看板など、様々な業態で使用されています。LED・電飾看板は夜間でも目立つことができます。

焼肉屋の看板のデザインを考える

焼肉屋の看板は遠くからでもお店の場所が分かるくらい目立つものと、期間限定メニューなどを宣伝できる看板がおすすめです。それでは、集客につながる看板デザインの考え方をご紹介します。

焼肉屋の雰囲気が伝わるデザインにする

看板にはインパクトと分かりやすさが重要ですが、同じ情報でも色合いで異なった印象となるため色の選び方を蔑ろにしてはいけません。たとえば、白色は飲食店には欠かせない清潔な印象を与えることができます。黒色は落ち着いた印象であるため、高級焼肉店との相性が抜群です。赤色には食欲増進の効果があることから、飲食店の看板で使用されることが多々あります。

お肉を焼いている写真なども載せると、美味しそうな焼肉を食べられそうだと期待感を煽れるので、積極的に写真の活用をしていきましょう。

お店の詳細な情報を載せて来店のきっかけを作る

飲食店の来店のきっかけには、以前お店の近くを通った時に気になった、という意見があります。看板を見てすぐに来店してもらうだけではなく、後日の外食の際に選んでもらえることも重要です。

そのためには看板を奇抜なデザインにする方もいますが、焼肉店だと分かってもらえなければ本末転倒です。 たくさんある飲食店の中で目立つは確かに大切ですが、営業時間や問い合わせ先などが載っている、分かりやすい看板のほうが予約しやすくなります。

まとめ

焼肉屋で使用する看板の費用や種類についてご紹介しました。費用は種類やデザインで変わってくるため、より効果的なものになるようによく考えましょう。そして、看板にはお店の雰囲気やサービスを伝える役割もありますので、このお店に入りたいと強く思わせるものを作る必要があります。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります