2018年5月28日

バルの看板を制作するときの費用と期待できる効果

これからバルを開こうという人に、知っておいてもらいたいことのひとつが看板の重要性です。バルは他の飲食店と比べるとスタイリッシュなイメージがあるため、看板もデザイン性にこだわったものを設置することが多いのですが、それによってお客さんを逃しているケースが珍しくありません。ここではバルの看板製作にかかる費用の基本的な考え方と、どのような看板を設置すれば集客効果が期待できるのかをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

バルの看板制作費の内訳

バル

出典:photoAC

まずはバルの看板製作をする際に、どのような費用が発生するのかをご紹介します。制作費の内訳としては大きく3種類に分類されます。

・デザイン費
・看板本体の価格
・取付工事費

看板本体の価格と取付工事費については、看板の種類工事内容によって金額が大きく変わりますので、そちらについては後ほど詳しく説明します。ここではまず、3種類それぞれに費用が発生し、その合算した金額が看板制作費だと考えてください。

デザイン費は自分で行えば発生しません。ただし知識と経験がない場合は、見た目はおしゃれだけれど、実際の集客効果が期待できないデザインになってしまう可能性があります。

デザインの複雑さや掲載する情報量によって費用は変わってきますが、3~5万円程度で依頼できます。しっかり集客できるのであればすぐにペイできる金額ですので、専門の業者に全てお任せするほうがよいでしょう。

看板の制作・取付け費用が変わるポイント

看板の制作費や取付工事費は費用の幅がとても広く、いくらでできるかということは一概には言えません。なぜそのように費用が変わってしまうのか、それぞれの理由について説明していきます。

看板本体の価格が変わるポイント

看板の価格に幅がある最大の理由は、看板の種類の多さにあります。一般的な看板だけでも次のようなものが挙げられます。

  • 突き出し看板
  • 壁面看板
  • 窓ガラスカッテイングシート
  • チャンネル文字
  • 置き看板
  • のぼり看板
  • テント看板
  • 垂れ幕

バルの入り口の扉によく貼ってある窓ガラスカッテイングシートなどは、安いものなら1万円程度で作ってもらえますが、オープンテラスなどで使用されるテント看板の場合は8万円以上かかります。バルではあまり使われないと思いますが、デジタルサイネージと呼ばれる電子看板は本体価格だけで45万円以上になります。

また、同じ看板でも素材や大きさの違いで金額が変わってきます。アクリル板は比較的安価で作ることができますが、どうしても安っぽい仕上がりになってしまいがちです。その結果、背景に馴染んでしまい通行人の目に留まらない可能性があります。

看板はサイズが大きいと素材を多く使用しますし、加工に時間がかかるため費用が高額になります。値段が高いものが良いものというわけではありません。お店の雰囲気がきちんと伝わる素材や大きさの看板を選ぶことが大切です。

取付工事の費用が変わるポイント

取付工事費は工事内容によって金額が大きく変わります。カッテイングシートでしたら、作業員が1人でかつ短時間で終わるため、工事費はかなり安く抑えられます。高所作業が必要な壁面看板などの場合は作業人員も多くなり、状況によっては高所作業車や交通整理をする警備員を用意しなくてはいけません。

看板の制作依頼をするときには、どのような工事を行うのか業者に聞いておかないと、見積金額が大きく膨れ上がってしまうことがあります。予算が限られている場合は、業者にあらかじめ伝えておき、その金額の範囲内で最も効果が期待できる提案をしてもらいましょう。

バルの看板の役割/効果

看板は集客ツールのひとつです。しかし、その重要性をあまり理解していないのではないかと感じる看板をよく見かけます。おしゃれなバルによくあるのが、店名だけを小さく書いてあるものです。これで集客できるのはすでに知名度のあるお店だけです。

これから開業する店舗では、名前だけの看板で集客することはなかなかできません。看板を見かけた通行人が興味を持ってくれること、さらには安心してお店に入ることができる情報の提示が必要です。

・何のお店なのかひと目でわかる
・代表的なメニューの金額を記載する
・お店の雰囲気が分かるデザインにする

上記の情報が掲載されている看板を出しましょう。バルの場合は、A型看板と呼ばれる立て看板がおすすめです。A型看板は営業時間しかお店の外に出しませんが、置いておくだけで営業中であることが伝わります。設置工事も不要ですし、多くの情報を掲載できます。

もちろん、A型看板だけでなく壁面看板袖看板なども必要になります。それらは新規のお客様を呼び込むというより、自店を目当てにやってくる人に対して「ここにありますよ」とアピールのために設置します。そのため、集客ツールとしてはそれほど強くありません。

壁面看板や袖看板はおしゃれなデザインにして、集客はA看板のような立て看板で行うなど複数の看板を使い分けると、さらに多くの集客が期待できます。

まとめ

バルの看板の費用と期待できる効果について説明してきました。看板は種類と設置方法で費用が変わります。従って、集客のためにどのような看板を設置すべきか、理解した上で制作することが大切です。

看板によって「このお店なら大丈夫」と思ってもらうことで、集客に繋がります。そのためバルの看板はおしゃれなことも重要ですが、安心してもらうための情報も掲載しなくてはいけません。 ひとつの看板ですべてをまかなうのは無理がありますので、2~3種類の看板を組み合わせて、より効果的な集客を目指しましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります