2018年5月28日

アパレルショップの看板の費用とデザインの考え方

アパレルショップの看板はデザインで費用が異なります。しかし、看板はお店のコンセプトを伝える重要なものですので、集客のことを第一にデザインを考えなくてはいけません。アパレルショップの看板制作前に覚えておきたいことをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

アパレルショップの看板で必要になる費用の考え方

アパレルショップ

お店にとって重要な役割である看板の制作や設置には、一体いくらかかるのでしょうか。
看板の費用には、看板の本体価格の他に広告面制作費取り付け工事費運搬料などが含まれます。

本体価格は看板の種類や大きさ、広告面制作費はデザイン方法などで大きく変動します。
取り付け工事費は工事にかかる日数や作業員の人数、運搬料は業者からの距離が遠いほど費用がかかるだけでなく、看板の大きさや重量がある場合は料金が上がります。

費用の変わるポイント

看板に関する費用は、看板のデザインや工事日数が決まらないと一概には言えません。しかし、費用の変わるポイントがいくつかあります。

たとえば小さめの看板やスタンド看板、カッティングシートであれば20万円もかからずに制作が可能です。しかし、メインの看板や袖看板の制作、看板の部分的なリニューアルをすると20~50万円ほどかかってしまいます。このように看板は種類によって費用に開きがあり、使用する素材によっても価格が異なります。

取り付け工事は工事日数作業員の人数の他、作業時間が費用に影響を及ぼします。また、同じ工事日数であれば日中の作業よりも夜間作業の方が人件費が高くなりますので、費用を抑えるためには日中で終えられるよう依頼することをおすすめします。

看板を制作する際のデザインの考え方

アパレルショップの看板は、お店の場所を示したりインパクトを与えて興味を持ってもらうだけでなく、コンセプトも伝えなくてはいけません。そのためデザインは特に慎重に考える必要があります。

メーカーやブランド、洋服の系統などが違うため、アパレルショップの看板はお店によってデザインが違います。一般的に看板は背景と文字の色に差があるほど目立つとされていますが、アパレルショップでは店舗の統一性も求められるため、店舗の壁と反対色を看板に用いることでコンセプトに影響がないか確認しましょう。

デザインのポイント

たとえばパステルカラーが似合うガーリーな系統のブランドで、看板を目立たせようと黒を基調としてしまうとお店のイメージが崩れてしまいます。看板はアパレルショップの看板制作の実績が豊富な業者と相談しながら決めると、安定した仕上がりになります。

看板の店名は、ショップバッグやポイントカードなどでも使うことになるでしょう。看板での見やすさだけでなく、バッグで持ち歩いたときにアパレルショップだと伝わるか、お店の雰囲気が伝わる字体や色が使われているか、という視点でロゴにも使える店名表記を考えてみてください。

路面にあるアパレルショップの場合、外から見るとアパレルショップなのか洋服も扱う雑貨屋なのか分かりにくいことがあります。路面店ではスタンド看板やカッティングシートなどを活用して、営業時間を伝える店舗が多く見受けられます。その際、アパレルショップであることも一緒に記載しておくと、お客様は店舗の業態を知ることができ安心して入店できます。

他には、外から中が見えない造りになっている店舗や、隠れ家のような雰囲気を作るために営業中でも敢えて扉を閉めたままにしている店舗は、看板が見えないと営業してないと思われてしまいます。 営業中は電飾看板の明かりをつけたり、入口を明るくして看板を目立たせるなどの工夫が大切です。

アパレルショップの看板を設置する目的

看板はお店の存在を示し、興味を持ってもらうことが目的であるため、分かりやすさが重要です。見やすい看板の条件として背景と同化しない色やデザインになっていることや、大きい文字などがあります。

ひと目で分かりやすい看板は2階以上にあるアパレルショップでも集客につながります。しかし、ショッピングセンターなどで店内の雰囲気や洋服の系統などが外から確認できる場合は、看板の見やすさだけで集客することは難しいです。

店内の様子が見えるアパレルショップでは、お客様が商品の系統を確かめ、ご自身の好みであれば入店する傾向があるため、店内の内装もお店の看板と言えます。看板を含めた外観と内装が統一されていることで、メインターゲットにしたいお客様の集客に役立ちます。

まとめ

アパレルショップの看板の費用やデザインの考え方をご紹介しました。看板はデザインと設置方法によって費用が異なります。また、費用面だけではなくお店の存在とコンセプトがどうしたら伝わるかなど、集客についても考慮しなくてはいけません。お店の系統がお客様に一目でわかる素敵なデザインを考えましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります