2018年5月18日

トイレクリーニングの費用相場とポイント

トイレクリーニングの金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、ハウスクリーニングのリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でトイレクリーニングしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

トイレクリーニングの費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした トイレクリーニング を行う場合の概算費用です。

ウォシュレット
0.3〜0.5万円
便器・タンク
1〜2万円
床・壁・天井
0.5〜1万円
鏡・ドアノブ・給水管
0.3〜0.7万円

トイレクリーニングのポイント

トイレクリーニング

普段、自分ではしっかりお掃除しているはずなのに、トイレの臭いが気になっていたり、黄ばみや汚れが落ちなくて困っている方も少なくないのではないでしょうか?よく便器に固まってしまったカルシウムなどがこびつく尿石というのもがありますが、これは臭いの原因となるものです。無理に落とそうとすると、便器に傷がついてしまうことがあるので掃除にはある程度のテクニックが必要になってきます。

このような、普段のお掃除では落ちなくなった黄ばみや汚れ、お掃除後でも漂う臭いが気になり出したら、ぜひトイレクリーニングの専門業者にお願いしましょう。掃除をしてくれる箇所は業者によって異なりますが、例えば、便器や温水洗浄便座ノズル、水栓タンク表面と蛇口、ペーパーホルダーのほか、壁面や天井、窓、換気口の表面、照明器具、ドア、床などです。

その手順としては、まず照明や天井、壁、換気扇からスタート。その後、タンクや蛇口周り、便器、便座の掃除、便器の外側、床という流れ一連の流れです。尿石も徹底的に除去してもらえますので、気になっていた臭いも一掃されるでしょう。トイレクリーニングの費用や内容は業者によって異なるので、依頼する際には複数の業者さんに問い合わせて見積もりをとり、比較検討することをお勧めします。

 

トイレクリーニングで費用を抑えるポイント

トイレはきれいに使っているようでも知らないうちに汚れが溜まっていく場所です。毎回水洗をしてますが、水の流れが届かない場所はきれいになりません。そのために気がつけば自分では取り除くことができない汚れになってしまうことがあります。そうなってからトイレクリーニングを依頼すると、作業時間がかかってしまいますので、どうしてもトイレクリーニングの費用が高くなってしまいます。

この費用を抑えるためには、日常からきちんとトイレ掃除を行っておく必要があります。目に見えるところだけではなく、隠れて見えなくなっている場所もきれいに汚れを落とすようにしてください。そうすることでトイレクリーニングを依頼する時の費用を抑えることが可能です。また、業者ごとでトイレクリーニングの料金が違いますので、複数の業者に見積もりしてもらうのも忘れないでください。

トイレクリーニングを依頼するときにコーティングを行なってもらえば、トータルコストを下げることが可能になります。そのときの出費は高くなりますが、次回のトイレクリーニングの費用が下がり、トイレクリーニング依頼する周期も伸ばすことができます。結果的にはトイレクリーニングの費用を安くすることができますので、トイレクリーニングを行うときにコーティングも検討するようにしましょう。

トイレクリーニングとは

トイレクリーニングは普段のトイレ掃除では落としきれない尿石や、便器内に飛散した排泄物の汚れなどを取り除いてくれるサービスです。
トイレクリーニングを行うと、トイレの見た目がきれいになるだけではなく、尿石を取り除くことで、トイレの臭いも解消することができます。便器だけではなくトイレの壁や床までもピカピカに磨いてもらえるため、トイレの清潔感を取り戻すことができます。

トイレクリーニングの種類とメリット

トイレクリーニングは部分ごとでも行なっていますが、基本的にはトイレ全体をきれいにする、一式での対応になります。それに加えて、トイレをきれいに保つためのコーティングがオプションでつけることが可能です。ここではそれぞれの特徴とメリットについて紹介します。

トイレクリーニング一式
トイレの掃除をきちんと行っていても、どうしてもこびりついてしまう汚れがあります。特にウォシュレットトイレの場合、死角になる場所が多く、トイレが汚れてしまいがちです。そんなトイレの死角まですべてきれいにしてくれるのがトイレクリーニングになります。場合によっては便器の分解まで行なって、汚れを徹底的に落としてもらえます。

トイレのコーティング
トイレクリーニングを行っている業者の多くが、トイレのコーティングも行なっています。通常はトイレの汚れを取り除くだけですが、便器にフッ素コーティングを行うことで、汚れが付きにくくすることができます。フッ素コーティングを行なっておくと、通常はこびりついてしまう汚れも、定期的なトイレ掃除で簡単に取り除くことができ、次回のトイレクリーニングまでの期間を伸ばすことが可能です。

トイレ壁のチタンコーティング
トイレの壁や天井にチタンコーティングをすることで、トイレ全体の防カビ、消臭、抗菌などの効果を得られることが出来ます。トイレの衛生状態が気になる人におすすめのオプションになります。

トイレクリーニングを選ぶポイントと注意点

トイレクリーニングは「清掃」が基本となりますので、根が深いカビなどが発生している場合は、除去しきれないようなケースもあります。同様に何年も放置された汚れも、汚れを完全に除去できないこともあります。トイレの汚れは長期間放置せずに、早めにトイレクリーニングを依頼しましょう。またトイレ清掃中にトイレが壊れることもありますので、必ず物損保証のある業者に依頼してください。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

トイレクリーニングのお役立ちコラム

Q.トイレクリーニングをプロに依頼すると、その場ではキレイですがその後また汚れるのが気になります。

約3ヶ月ほど効果が続くという汚れ防止コートをコーティングしてくれる業者もいます。

この処理を行ってもらうと普段の掃除がとっても楽になるのでお勧め。汚れ防止コートのサービスを普通のトイレ掃除にプラスした料金を、各業者さんに算出してもらいましょう。