2018年5月18日

ハウスクリーニングの費用相場とポイント

ハウスクリーニングの金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、ハウスクリーニングのリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でハウスクリーニングしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

ハウスクリーニングの費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした ハウスクリーニング を行う場合の概算費用です。

ワンルーム
3〜4.5万円
1LDK
4〜12万円
3LDK
8〜17万円
5LDK
10〜17万円

ハウスクリーニングのポイント

  ハウスクリーニング

ハウスクリーニングは、家族や若い夫婦や老夫婦、ビジネスウーマン、独身男性などあらゆる人からのニーズがあります。特に、引越し前後の部屋の掃除や水廻りの掃除、夏前のエアコン掃除、年末の大掃除を目的に、多くの人がハウスクリーニング業者さんに依頼をしています掃除なら自分でできると思われるかもしれませんが、クリーニングの専門業者は自分たちでは手の届かない排水溝や換気扇など、分解が必要になるような場所でも、隅々まで掃除してくれます。

また、一般の洗剤とは異なる洗剤が使用されることもあるので、あきらめていた汚れもすっかり綺麗になることが多く、ハウスクリーニング後は大きな喜びを感じることでしょう。掃除をすることで部屋の空気もキレイになり、アレルギー予防にも有効です。クリーニングに要する時間は各社によって異なりますが、ある業者さんの例を挙げると、家全体の掃除であれば7時間ほど、レンジフードや換気扇、キッチン、浴室、エアコン掃除などの単品メニューであれば、それぞれ2~3時間ほどの時間がかかるとされています。

ハウスクリーニングは、業者さんによって費用やサービス内容が異なるので、複数の業者さんに問い合わせて見積もりをとり、比較検討することをお勧めします。当サイトの一括見積もりを利用すると便利です。

 

ハウスクリーニングで費用を抑えるポイント

ハウスクリーニングの料金は1年を通していつでも同じ価格というのではなく、忙しいときは高く、暇なときは安くなる傾向にあります。忙しいときは仕事を断りたいくらいに依頼がありますので、需要と供給のバランスから費用が高くなりますが、仕事があまりない時期は安値になります。この特性を利用して、「年末年始」「年度末」、そしてエアコンクリーニングが忙しくなる「夏前」以外の時期に依頼してみましょう。

「キッチンだけ」「お風呂だけ」のような単品でのハウスクリーニングも割高になります。ハウスクリーニングをしてもらうときはできるだけ一度にいくつもの場所のクリーニングを依頼するようにしましょう。すべてを一度に行うのが予算上難しい場合は、「水回りクリーニングセット」のようなセットプランを利用することで、ハウスクリーニングの費用を抑えることができます。

ハウスクリーニングを行うときは、複数の業者から見積もりを取ることも大切なポイントになります。ハウスクリーニングの費用は定価があるものではないため、業者によってその価格に大きな差が出ます。1社だけの見積もりで納得してしまうと、相場よりも高い金額でハウスクリーニングになる可能性もあります。3,4社から見積もりを出してもらい、最もいい条件の業者に依頼するようにしましょう。

ハウスクリーニングとは

ハウスクリーニングは家の掃除ですが、プロが行う掃除ですので、私たちが掃除を行うよりもだんぜんきれいな仕上がりになります。

フローリングを磨いてくれたり、エアコンクリーニングをしてくれたりと、プロだからこそ出来る技術を駆使して家をキレイにしてくれます。年末年始の大掃除をハウスクリーニング業者に依頼する人も最近は増え、引越し前の原状復帰などにもハウスクリーニングを利用することになります。

ハウスクリーニングの種類とメリット

ハウスクリーニングは「専門型クリーニング」「家事代行型クリーニング」の2種類に分けることが出来ます。クリーニングのプロの技術が必要になるのが「専門型クリーニング」で、私たちが普段行っている掃除を代行してくれるのが「家事代行型クリーニング」になります。ここではそれぞれの特徴とメリットを紹介します。

専門型クリーニング
エアコンクリーニング、フローリングクリーニングなどの専門的なクリーニングで、専門業者だけが持つ特殊な用具を利用して行うクリーニングです。その他にもトイレやバスルーム、洗面所やキッチンなどがあり、それらを総合的に行うクリーニング業者と、ある分野だけに特化したクリーニング業者に分けられます。非常に高いスキルと実績があり、素人がDIYで真似ても同じような仕上がりになることはほとんどないクリーニングになります。

家事代行型クリーニング
多くの業者が入り混じっているのが家事代行型クリーニングの特徴です。大手のハウスクリーニング業者も行なっていますし、町の便利屋さんで家事代行型クリーニングを請け負っていることもあります。特殊な技術がいらないため、アルバイトの作業者も多くなります。基本的には女性の担当者が2名程度で行い、部屋の掃除や片づけなどを行います。1時間いくらという値段設定が多く、価格もそれほど高くないため、定期的なハウスクリーニングに利用している人が増えています。

ハウスクリーニングを選ぶポイントと注意点

ハウスクリーニングを依頼するときに気をつけたいのは、値段だけで業者を選ばないということです。
安いことはありがたいことですが、相場とかけ離れて安い業者は技術と実績が乏しい業者である可能性が高く、ハウスクリーニングを依頼しても、満足いく結果を得られないというようなことがあります。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

ハウスクリーニングのお役立ちコラム

Q.トイレがウォシュレットタイプなのですが、どこまで掃除してくれるのでしょうか?

ウォシュレットタイプのトイレ掃除の際には、ハウスクリーニングの業者さんによっては、分解して清掃してくれるところもあります。

普段、自分では手の届かない場所の掃除をお願いするのがハウスクリーニング業者に依頼する意味でもありますので、分解して細部まで清掃してくれる業者を選ぶようにしましょう。

また、トイレ内の換気扇も意外と汚れるものです。併せて掃除を依頼することをお勧めします。