2018年5月22日

寝具消毒・乾燥の費用相場とポイント

寝具消毒・乾燥の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、ハウスクリーニングのリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で寝具消毒・乾燥しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

寝具消毒・乾燥の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 寝具消毒・乾燥 を行う場合の概算費用です。

敷ふとん
0.3〜0.5万円
掛ふとん
0.5〜1万円
毛布
0.5〜0.8万円
0.1〜0.3万円

寝具消毒、乾燥のポイント

寝具消毒、乾燥

人は寝ている間も新陳代謝を繰り返し、汗や皮脂などを発しています。一般的に大人は一晩でコップ一杯分、およそ200ccもの汗をかくといわれています。シーツやカバーなどをしてあっても表面的な汚れを防止するだけで、どうしても湿気などが中に伝わり、ふとんはその発散された汗や皮脂汚れを吸収してしまっています。ふとんの内部に湿気が浸透すると、ダニやカビ、雑菌の温床となり、アレルギー疾患や呼吸器疾患などの恐れが出てきますので、特に小さいお子さんのいる家庭では注意が必要です。

また、高齢者の方で、ほとんど寝たきりの生活を送っている方も、寝具の清潔さはとても気になるところでしょう。しかし、布団を干したり、寝具を洗濯したりすることは意外と重労働なので小まめに行うのは難しい場合も多いのではないでしょうか。寝具の衛生管理はとても大切。気になる方は寝具消毒・乾燥サービスを行っている業者さんがありますので、定期的に依頼されることをお勧めします。

引取りも受け渡しも業者さんが訪問してくれるところがほとんどなので、持ち運びが困難な方にも安心です。ただし、かかる日数や費用についてなど、業者さんによって異なることもありますので、依頼する際は事前に複数の業者さんに問い合わせして確認し、比較しながら検討して決めましょう。

 

寝具消毒・乾燥で費用を抑えるポイント

寝具消毒・乾燥は出張サービスと回収サービスのいずれかになり、出張サービスの場合は、特別な乾燥車で訪問し、その場で消毒と乾燥をしてもらえます。乾燥車はトラックの荷台を乾燥室にしているため、消毒・乾燥をするものが少ないと割高になってしまいます。消毒・乾燥するものがいくつもある場合は出張サービスを利用し、1枚だけというような場合は回収サービスを利用するなど、使い分けをすることで費用を抑えることが出来ます。

また、高齢者が使用している寝具を消毒・乾燥する場合は、地方自治体によっては補助金を出したり、格安でサービスを行ってくれたりすることがあります。これらを利用することで、寝具消毒・乾燥の費用を抑えることができますので、高齢者の布団を消毒・乾燥する場合は、市役所などに問い合わせしてみましょう。

寝具消毒・乾燥の費用は業者によっても違いがあります。作業を依頼する前に、複数社に見積り依頼をして、できるだけ安値で作業してくれる業者を利用しましょう。消毒・乾燥にはそれほど高い技術が必要ではありませんので、極端に安値であやしい業者を除き、基本的には費用の安い業者に任せても問題ありません。ただし寝具の替えがないような場合は、割高でも出張サービスなどを利用して即日仕上がりの業者を選んでください。

寝具消毒・乾燥とは

布団は毎日使用していると、どんどんと汗を吸い込んでしまいます。一般的には布団を干すことである程度は消毒も乾燥もできるのですが、人によっては布団を干すことも難しく、しかも乾燥も不十分なこともあります。
そんなときに利用したいのが寝具消毒・乾燥サービスです。寝具消毒・乾燥サービスでは専用の乾燥室を使用して寝具を乾燥させるため、寝具の清潔さを維持することが可能になります。

寝具消毒・乾燥の種類とメリット

寝具消毒・乾燥は、寝具を回収して消毒・乾燥を行うケースと、出張して寝具を消毒・乾燥するケースの2種類に分かれます。ここではそれぞれの特徴とメリットについて紹介します。

出張サービス
出張サービスは介護施設や病院などの多くの寝具を一度に消毒・乾燥したいようなときに使われることが多いサービスです。荷台を乾燥室にしたトラックで作業を行います。布団が少ない場合は割高になりますが、その場で消毒・乾燥が完了するというメリットがありますので、消毒・乾燥を行いたい布団が複数あるようなケースでは一般家庭でも利用することもあります。

回収サービス
個人での利用の多くが回収サービスになります。業者が寝具を回収してまわり、自社内にある乾燥室で布団の消毒・乾燥を行います。少ない枚数でも割高にならずに乾燥してもらえるので、一般家庭の場合はこちらを利用することで費用を抑えることができます。業者によっては回収した日のうちに届けてもらうこともできるため、消毒・乾燥を行なった寝具をその日のうちに使用することも可能です。ただし、多くの業者は即日仕上がりではないため、寝具消毒・乾燥を行っている間は、別の寝具が必要になります。

クリーニングサービス
回収で消毒・乾燥を行う業者の多くが、洗浄もできる業者ですので、洗剤を使用した寝具の丸洗いにも対応しています。日数はかかりますが、消毒・乾燥だけでなく、もっときれいにしたいという人はクリーニングも検討しましょう。

寝具消毒・乾燥を選ぶポイントと注意点

寝具消毒・乾燥サービスを利用するときに気をつけたいのは、消毒・乾燥した寝具をすぐに使いたいのかどうかということです。
急ぎの場合は出張サービス++を利用して、すぐに使うのでなければ回収サービスを利用しましょう。時間に余裕があるときは、丸洗いサービス**を利用して、寝具の状態を整えてあげることで、寝具を長持ちさせることが出来ます。状況に合わせてサービスを選びましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

寝具消毒、乾燥のお役立ちコラム

Q.ふとんだけでなく、枕やかけ布団など一式を消毒・乾燥してほしいのですができますか?

ほとんどの業者さんが寝具一式の消毒・乾燥サービスを引き受けてくれます。

ご自身が依頼したい寝具の種類を業者さんに事前に伝えることで、やりとりもスムーズに行くでしょう。料金が寝具ごとに異なる場合があるので、これについても確認が必要です。