2018年5月22日

インテリアクリーニングの費用相場とポイント

インテリアクリーニングの金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、ハウスクリーニングのリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でインテリアクリーニングしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

インテリアクリーニングの費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした インテリアクリーニング を行う場合の概算費用です。

ブラインド
0.2〜1万円
ブラインドサッシ内蔵型脱着
0.3〜2万円
ぬいぐるみ
0.1〜1万円
イス
0.2〜1.5万円

インテリアクリーニングのポイント

インテリアクリーニング

部屋の中すべてをクリーニングしてくれる、インテリアクリーニング。カーテンやじゅうたん、ソファやクッション、ブラインド、換気口、エアコン、布団や枕などトータルで引き受けてくれます。 カーテンはあの店に、じゅうたんはあの店にと複数のお店に依頼をかけると手間がかかります。そんなときには、まとめて集荷、または直接クリーニングをしてくれる専門業者さんに依頼ととても便利です。

例えば、カーテンにカビが生えてしまった場合には、ドライクリーニングでは落とせません。そんなときも、インテリアクリーニングのプロなら専用の漂白剤を使ってキレイにしてくれます。じゅうたんはダニなどのハウスダストが気になります。ぜひ丸洗いしてもらいましょう。強い薬剤でなく、小さな子どもやペットでも安心の防ダニ加工を行ってくれる場合もあります。また、手の届きづらいブラインドや換気口もキレイに掃除してくれます。

そんなインテリアクリーニングを専門業者にお願いする場合には、やはり実績のあるところを見つけたいものです。納得の内容と価格で行ってくれる業者さんに依頼できるよう、複数の業者さんに相談して見積もりをとり、比較検討することをお勧めします。

 

インテリアクリーニングで費用を抑えるポイント

カーテンや絨毯などが汚れてしまったときに、なかなか素人では汚れを落としきれなくて困ってしまいます。そんなときにインテリアクリーニングを利用すると、キレイに汚れを落としてくれるのですが、この時の費用が面積で決まっている業者と、汚れをチェックしてから見積もりを行う業者に分かれます。面積で価格が決まる業者でも、あまりにも汚れがひどいと追加料金が発生することもあります。

インテリアクリーニングの費用を抑えるためには、この追加料金を発生させないことが重要になります。そのためには定期的にクリーニングに出して、カーテンや絨毯に汚れを溜めないようにする必要があります。カーテンも自分で洗うことが出来るタイプのカーテンは、こまめに洗濯をして、カビなどの発生を防ぐことで、インテリアクリーニングでの追加料金の発生を抑えることができます。

また、業者ごとに価格も変わってきますので、複数社に見積り依頼をするようにしましょう。値段が安ければいいというものではありませんが、複数社に依頼することで相場感覚もつかむことができ、相場よりも明らかに高い値段で依頼するようなことは避けられます。相見積もりの状態になることで、業者間の値引き競争をしてくれる可能性もあります。

インテリアクリーニングとは

インテリアクリーニングは、絨毯やラグ、カーペットの清掃や、ソファカバーの選択、カーテンのクリーニングなど、インテリアに関するさまざまなクリーニングを行っているサービスです。
その多くが絨毯などのクリーニングとカーテンのクリーニングになり、ドライクリーニングでは落とすことが出来ないカビなどの汚れを、プロの技術できれいに落としてもらえます。業者によってはぬいぐるみなどのクリーニングも行なっています。

インテリアクリーニングの種類とメリット

インテリアクリーニングにはクリーニングをするインテリアごとに、最適なクリーニングを行っています。ここではインテリアごとのクリーニングの種類とそのメリットを紹介します。

絨毯・カーペットのクリーニング
絨毯やカーペットに飲み物をこぼしてしまったときにできた染みを落としたり、水洗いで汚れを落としたりするクリーニングです。ポリッシャーを利用することで奥深くにある汚れを落とすだけではなく、絨毯やカーペットの柔らかさを取り戻すことが可能になります。クリーニングをすることで手織りの絨毯などの高級品でも購入時に近い鮮やかな状態にすることができます。

カーテンのクリーニング
カーテンのクリーニングは、洗浄やカビ落としをすることで、カーテンが本来持つ美しさを取り戻す作業を行います。カビが発生している場合、まずは洗剤とブラシできれいにし、落としきれないカビは漂白剤を利用してきれいにします。カーテンの素材によって、洗剤や汚れ落としの方法を使い分けることで、生地を傷めることなくクリーニングすることが出来ます。

ソファカバーのクリーニング
ソファカバーは長年使用することで汚れが溜まりやすいインテリアアイテムのひとつです。ドライクリーニングでは汚れを落としきることが難しいため、特殊な漂白剤を使用するなどして、汚れを落とすケースもあります。ソファカバーによくある食べこぼしの後なども、漂白剤を使用したクリーニングで、きれいにすることが可能です。

インテリアクリーニングを選ぶポイントと注意点

インテリアクリーニングはプロが行うクリーニングですので、多くの場合はキレイになって戻ってくるのですが、何十年も使用して、すでにクリーニングに耐えられないようなインテリアの場合は、クリーニングをすることで使用できなくなる可能性があります。
そうならないためにもインテリアクリーニングは1~2年に1度のペースで行い、こまめにメンテナンスを行うようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

インテリアクリーニングのお役立ちコラム

Q.インテリアクリーニングって家に来てクリーニングしてくれるの?

インテリアクリーニングは、部屋の家具を掃除してもらえる、お掃除代行サービスのことです。

ハウスクリーニングは家の中ですが、インテリアクリーニングはソファーや机、シャンデリアやブラインドなど家具と呼ばれるありとあらゆるものをお掃除してくれます。

業者さんにもよりますが、依頼されたものによって、現地でクリーニングを行う場合と、集荷してクリーニングを施す場合とに分かれているようです。 また、インテリアクリーニングの業者は、ハウスクリーニングも行っていることが多いので、申し込めば、家中の大掃除を依頼することも可能です。 いずれにしても、業者さんによりサービス内容や費用が異なりますので、複数の業者さんに相談して最もニーズに合ったところに依頼することをお勧めします。