2018年5月22日

ソファ・家具のクリーニングの費用相場とポイント

ソファ・家具のクリーニングの金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、ハウスクリーニングのリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でソファ・家具のクリーニングしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

ソファ・家具のクリーニングの費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした ソファ・家具のクリーニング を行う場合の概算費用です。

1人用
0.6万円以上
2人用
0.7万円以上
3人用
0.8万円以上
ブロックソファー
0.3万円以上

ソファ・家具 クリーニングのポイント

ソファ/家具 クリーニング

ソファの汚れは、おもに埃や食べ物の染みなどが多いものです。これらは表面をきれいにすることはできますが、素材の奥深くまで浸透してしまうと、それなりの方法を使って対処していかなくてはなりません。「よく落ちるから」といって、強力な洗剤を使用してしまうと、生地を傷めってしまう恐れがあるのです。そこで活躍してくれるのがソファや家具のクリーニングを専門とする業者です。

ソファには、カウチソファやコーナーソファ、リクライニング、革張り、布張りなど、大きさ、形、素材などさまざまです。業者によっては、それぞれを専門で取り扱っているところや、1脚100万円以上もする高級ブランドのソファや家具などのクリーニングも率先して引き受けているところなど、業者によって分野が分かれている場合があります。自宅のソファがどのようなソファなのか、また、どのような汚れがあるのかなどを見極めて、詳細を業者さんに伝えるようにするとスムーズに依頼することができるでしょう。

 

ソファ・家具のクリーニングで費用を抑えるポイント

ソファ・家具のクリーニングの費用は、ソファや家具の素材や汚れ具合で決まってきます。クリーニング費用を抑えるには、ソファや家具を汚しすぎないことがポイントになります。まずは普段からこまめな手入れをしておくようにしましょう。飲み物をこぼしたような場合は、すぐに拭き取りをして、可能な範囲でシミ抜きもしておきましょう。ソファの場合は、ソファカバーを利用するのもクリーニング費用を抑える方法のひとつになります。

また、汚れがひどくなる前にクリーニングをすることも重要です。もう捨てるしかないかなと思うくらい汚れてからクリーニングを依頼する人もいますが、長く使いたいと思うのであれば、1年に1度くらいのペースで、定期的にクリーニングを依頼するようにしてください。

業者選びもソファ・家具のクリーニングの費用を抑えるためには大切なポイントです。ソファ・家具のクリーニングを行っている業者はいくつもありますが、価格は一定ではなく業者によってバラつきがあります。費用を抑えたい場合は複数の業者に見積もりを依頼するようにしましょう。相見積もりの状態にすることで、業者間で価格競争をしてくれることもありますので、ひとつの業者だけでなく、3,4社から見積もりを取り、その中で最適な業者を選ぶようにしてください。

ソファ・家具のクリーニングとは

ソファ・家具のクリーニングは、長年使用することで家具にこびりついてしまった汚れを落とし、家具本来の持つ美しさを取り戻すクリーニングになります。

一般的には汚れの落としにくいソファのクリーニングを中心の作業になりますが、椅子などの家具のクリーニングも依頼することができます。ソファや椅子などの黒ずみを、専用の機材と洗剤で落とす作業や、染み抜きなどにも対応しています。

ソファ・家具のクリーニングの種類とメリット

ソファ・家具のクリーニングは「スチームクリーニング方式」「リンサー方式」「高圧吸引方式」の3種類のいずれかで行われることになります。ここでは、それぞれの特徴とメリットについて紹介します。

スチームクリーニング方式
スチームクリーナーは、高温の水蒸気を吹き付けることによって汚れを浮かせる洗浄機になります。水蒸気で汚れを分解し、浮き上がった汚れを拭き取るだけですので、簡単にクリーニングすることができます。ただし、ソファや椅子の表面の汚れしか取り除けないため、ソファの奥に汚れが残ってしまうという弱点のあるクリーニング方法でもあります。

リンサー方式
リンサー方式は多くの業者が利用しているクリーニング方法になります。ソファや椅子に洗剤を噴き付けて、ブラッシングすることで汚れをこすり落とします。その後、リンサーで汚れと洗剤を吸引することで、ソファや椅子から汚れを取り除きます。スチームクリーニング方式同様に、ソファの奥の汚れまでは落とすことが難しいクリーニング方法です。

高圧吸引方式
高圧吸引方式は高圧水を噴き付けて、こびりついた汚れを浮かせ、同時に強力な吸引を行うことで汚れを吸い取るクリーニング方法です。リンサーよりも吸引力が高いため、ソファの奥の汚れまでも取り除くことが出来ます。ただし、高価な機器が必要になるため、一部の業者だけの取扱いになり、クリーニング費用も高めに設定されています。

ソファ・家具のクリーニングを選ぶポイントと注意点

新品のような美しさを取り戻せるソファ・家具のクリーニングですが、汚れを必ず落とせるわけではないことを頭に入れておきましょう。
汚れは時間が経過するほど落としにくくなります。長年放置した汚れは、クリーニングのプロでも落とせないことがあります。また本皮製のソファの革の劣化が進んでいる場合も、クリーニングできないことがありますので注意してください。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

ソファ・家具 クリーニングのお役立ちコラム

Q.ソファのクリーニングに使われる洗剤はどのようなものですか?

業者さんによって異なりますが、最近は、とても専門的な業者さんも増えており、中には、前処理、本洗浄、しみ抜きと用途に応じて洗剤を使い分けているという業者さんもいます。

しかも、100%天然原料を使ったエコ洗剤が使われることもあります。 しかし、業者さんによって使われる洗剤も異なりますので、気になるようでしたら業者さんに事前に聞いておくことをお勧めします。