2018年5月22日

ホスクリーン取付の費用相場とポイント

ホスクリーン取付の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、室内用物干しのリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でホスクリーン取付しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

ホスクリーン取付の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした ホスクリーン取付 を行う場合の概算費用です。

壁に設置
1.5〜3万円
天井に設置
2〜4万円

ホスクリーン取付のポイント

ホスクリーン 取付

【ポイント1】
コストをなるべく抑えたい場合、業者によっては、自分で購入したホスクリーンの取付のみの依頼を受けてくれるところもあるので、そういった業者を探すと良いでしょう。

【ポイント2】
室内用ホスクリーンの場合、天井下地によっては取付場所の補強が必要なこともあり、その場合はコストは高くなります。さらに、取付けたい場所の天井が斜めになっている場合は、傾斜天井用パーツを勾配に合わせてオーダーする必要があるため、コストが高くなります。

【ポイント3】
屋外用ホスクリーンの場合、大きく分けて腰壁付け型、窓壁付け型、天井吊り下げ型の3つに分かれており、それぞれに様々な種類があるので、本体価格も取付費用も変わります。自分の住居にあったタイプの中で、コストの比較をする必要があります。

  

ホスクリーン取付で費用をおさえるポイント

ホスクリーンを取付ける際には、取付けるホスクリーンの種類や取付ける場所、また現状の設備状況などによって費用にも違いが出てきます。ホスクリーンは室内・室外に取付けることが可能で「腰壁付け型」、「窓壁付け型」、「天井吊り下げ型」などの種類があります。それぞれの種類では本体価格や取付け費用が異なります。

自分の住居に合ったタイプの中でコストの比較をする必要があるでしょう。

室内にホスクリーンを取付ける場合には、天井下地によっては取付け場所の補強が必要になる事があります。このような場合には別途補強工事費用が必要になります。さらに、取付けたい場所の天井が斜めになっている場合は、傾斜天井用のパーツを勾配に合わせてオーダーする必要があるため、その分取付けにかかる費用も高くなります。

コストをなるべくおさえたいという場合は、業者によっては自分で購入したホスクリーンの取付けのみの依頼でも受けてくれるところもあるようなので、そういった業者を探してみると良いでしょう。その他の費用をおさえるポイントとしては、特にメーカーにこだわりが無ければ希望する機能を業者に伝えて、機能的に要件を満たす商品の提案をしてもらったり、型遅れの商品や業者の過剰在庫を使うとさらに費用をおさえることができるので業者に相談してみて下さい。

ホスクリーン取付とは?

ホスクリーンは洗濯物を干すための製品で、天候や環境、生活スタイルに等によって室外に洗濯物を干すことができない場合に取付けられることが多いです。室内では天井や窓枠に取付けることができ、様々な使い方ができるのでとても便利です。

また、室内干しの他にも*ベランダの壁や軒下に取付けて室外に干すこともできます。 * 取付けについては、安全に使用するためにも業者に確実に取付けてもらうことをお勧めします。

ホスクリーン取付の種類とメリット

ホスクリーンは室外や室内に取付けることができ、天井や窓枠といった空いているスペースを有効に活用して洗濯物を干すことができます。室外に取付ける場合は「軒天用」や「腰壁用」、「自立型」などを取付けます。また室内に取付ける場合には「スポット型」や「昇降式」、「窓枠付き」を取り付けます。

操作は操作ヒモを引いて竿を昇降させる「操作ヒモタイプ」と操作棒を回して竿を昇降させる「操作棒タイプ」の二種類があります。どちらも簡単に竿を使いやすい高さまで調節して使用することができるので、負担もありません。

そして使用しない時は、天井に竿をぴったりと収納することができるので邪魔にならず、見た目にもすっきりとしています。またホスクリーンには竿に荷重目安ガイドが付いているので安全に使用することができます。洗濯物が荷重をオーバーすると竿の端の窓が赤く表示されて、荷重がかかっていることを知らせてくれるという仕組みになっています。

ホスクリーンを室内に取付けると、天候が悪い日や夜でも洗濯物を干すことができるので家事もスムーズに済ませることができます。忙しい主婦にとってはとても便利なアイテムです。室内干しの悩みは、室内物干しが場所を取ったり、洗濯物を干す場所がない、物干しの出し入れに手間がかかるなど様々な悩みがありますが、ホスクリーンを取付けることでこのような悩みも解決し、快適に洗濯物を干すことができるようになります。

ホスクリーン取付を選ぶポイントと注意点

ホスクリーンを取付ける際には、天井の構造と天井の下地を確認する必要があります。 天井には様々な構造のものがあり、特に吊り天井の場合は洗濯物の重量に耐えきれなくなり、洗濯物ごと落下してしまう可能性があるので大変危険です。ホスクリーンは様々な場所に取付けることができるので、用途に合わせてご自分の使いやすいものを選んで取付けてみると良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

ホスクリーン取付のお役立ちコラム

Q.ホススクリーンの取付の注意点って?

ホスクリーンは洗濯物を室内干しするためにとても便利なものですが、取付には注意点が色々とあります。

まず、天井には色々な構造のものがあり、その中で吊り天井というものは、ホスクリーンの洗濯物の重量に耐えきれない可能性があるので、取付は難しくなるということです。取付を考える場合は、天井の構造を確かめてみるようにしましょう。

また、後から取付をする場合は、天井にしっかりとした下地が入っている場所に、設置をしなければ、洗濯物ごと落ちてしまう可能性がありますので、注意するようにします。

その他、湿気が多くなってしまって部屋の結露もしやすいので、通気性がよく、湿気がたまりにくい部屋にホスクリーンは設置するようにすることが大切です。