2018年5月22日

コーキング補修の費用相場とポイント

コーキング補修の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、コーキング補修のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でコーキング補修しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

コーキング補修の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした コーキング補修 を行う場合の概算費用です。

打ち増し シリコン系コーキング剤
21〜26万円
打ち増し ウレタン系コーキング剤
19〜23万円
打ち替え シリコン系コーキング剤
28〜32.5万円
打ち替え ウレタン系コーキング剤
25〜29.5万円

コーキング補修のポイント


コーキング補修にかかる費用は、**依頼する内容やお住いの建坪面積などによって大きく異なります。
上記の費用相場は、建坪面積25~30坪ほどを想定しています。実際の費用はお住いの住宅の建坪面積も踏まえた上で目安を立て、施工業者に見積りを出してもらいましょう。

コーキング剤の劣化は10年ほどで始まり、20年ほどもすると確実にメンテナンスが必要になります。劣化を広げてから施工をおこなうと費用も高額になりますので、日頃からこまめにチェックして、劣化が小さいうちに補修をしてもらうことが大切です。

  

.コーキング補修で費用をおさえるポイント

コーキングの補修方法には「打ち替え」と「打ち増し」の二つの方法がありますが、打ち増しの方が打ち替えに比べると費用をおさえることができます。打ち替えは既存のコーキングを撤去した後に新しいコーキングを打ち直す方法です。また打ち増しは既存のコーキングの上に新しいコーキングを打つ方法になります。

しかし、費用が安い打ち増しの方法にも耐久性が劣るなどのデメリットがあります。どちらの方法が適しているかはコーキングの劣化状態によって判断することになるので、業者に状態を確認してもらって適切な方法を選択する必要があるでしょう。

コーキングは外壁や屋根などとほぼ同時期に劣化していることが多くなります。これらの作業は足場を組んで行う作業となるため、外壁補修や屋根補修といったものと一緒に行うと、足場組立にかかる費用を一度で済ますことができるのでお得になります。それぞれの補修費用はかかってしまいますが、足場組立の費用はおさえることができます。

業者に補修を依頼する際には、複数の業者から見積もりを取って比較検討を行うことが大切です。業者によって足場組立の費用や補修費用は様々なので、適切な価格を提示してくれる業者に依頼をすると良いでしょう。そして補修方法や内容もしっかりと確認をしておくことも重要です。

コーキング補修とは?

コーキングは、最近の住宅外壁に多く用いられているサイディング外壁の目地として使用されているもので、建物の気密性や防水性を維持するために外壁の隙間に施されるものです。コーキングは環境などにもよりますが一般的に10年前後で劣化していき、ひび割れや破断、剥離などの劣化症状が現れてきた場合には補修が必要になります。コーキングの補修方法には「打ち替え」と「打ち増し」の二つの方法があります。

コーキング補修の種類とメリット

コーキングは主に住宅外壁の気密性や防水性を維持するために施されているもので、コーキング補修は建物にとってはとても重要なメンテナンスの一つになります。劣化した状態を放置しておくと建物の寿命が短くなってしまう可能性があるため、建物を長く維持していくためにも定期的なメンテナンスが必要です。

コーキング補修には、既存のコーキングを撤去して新しくコーキングを打ち直す「打ち替え」と既存のコーキングの上に新しいコーキングを打つ「打ち増し」の二つの方法があります。 劣化状態によっては打ち増しの方法が選択されることもありますが、耐久性などのメリットも大きいことから打ち替えが一般的な補修方法となっているようです。

二つの補修方法の耐久性ですが打ち替えが10年程度、打ち増しが5年程度とされているので明らかに耐久性にも差があります。適切な方法を選択するためにも、業者に劣化状態を確認してもらい補修を行ってもらいましょう。

またコーキングは手が届く外壁の1階部分であればDIYで補修することが可能な場合もありますが、補修技術や使用するコーキング材の知識なども必要になってくるので素人では難しい作業になります。そしてプロである業者が行う作業と比べるとやはり、仕上がりや耐久性などにも歴然の差が出てくるので補修は業者に行ってもらうほうが安心でしょう。

コーキング補修を選ぶポイントと注意点

コーキング補修を怠ってしまうと、劣化した部分から建物内部に雨水が浸入し断熱材にカビが発生したり骨組みが腐食する等、建物に悪影響を及ぼしてしまうので注意が必要です。コーキングの寿命は10年前後ですが、定期的に目視点検を行い劣化症状が現れた場合は、業者に適切な補修を行ってもらいましょう。また外壁補修等と一緒にコーキング補修を行うと足場を組む費用や手間を省くことができます。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります