2018年5月22日

ネズミ駆除の費用相場とポイント

ネズミ駆除の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、ネズミ予防・駆除のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でネズミ駆除しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

ネズミ駆除の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした ネズミ駆除 を行う場合の概算費用です。

一戸建て
5〜15万円
マンション
3〜10万円
飲食店
10〜25万円
トラップ・毒餌設置
2.5〜4万円

ネズミ駆除の費用は、駆除方法や駆除範囲(面積)、及びお住まいの状況などの諸条件によって変わります。

ネズミ駆除のポイント

ネズミ駆除

ネズミ駆除のために良く採られる方法は、毒餌を撒く・トラップを仕掛ける・ネズミを追い出す忌避剤や機器を使う、の3種類がありいずれも一長一短です。

毒餌は食べてくれれば確実性が高いのですが、ネズミは警戒心が強いためなかなか引っ掛かりません。また、子供やペットがいる場合に危険だということと、ネズミがどこで死ぬか判らないという問題があります。

ネズミの通り道に粘着シートを敷いたり餌をぶら下げたネズミ捕りカゴなどを使った捕獲は、妙な場所で死なれる心配はありませんが捕まえたネズミを処分しなければなりません。

忌避剤や超音波機器でネズミを追い出す方法は、ネズミが出て行くわけですから死骸の心配などはありませんが、忌避剤はネズミが居着いてしまうとあまり効果が無く超音波機器は入り組んだ場所に効きづらい問題点があります。

  

ネズミ駆除で費用を抑えるポイント

ネズミ駆除の費用を抑えたい場合は、市販品を購入して自分で駆除する方法が最適です。市販の毒餌やとても効果的ですが、小さな子どもがいたりペットがいたりするような場合は、誤って食べてしまう可能性もあります。粘着シートなども効果的ですが、生きたネズミを処分する必要があります。同じく罠での捕獲も生きたネズミの処分が必要な上に効果は余りありません。

自分で捕獲すれば費用を抑えることが可能ですが、どうしても手間と時間がかかってしまうため、非効率な駆除方法になります。このためネズミ駆除は予防を含めて業者に依頼する方法がおすすめになります。自分で行おうとして失敗した結果、業者に依頼してしまったことで二度手間になってしまうことも珍しくありません。無駄な出費を抑えるためにも最初から業者に依頼するようにしましょう。

ネズミ駆除は一見するととても簡単に見えますが、ネズミの侵入経路をふさぎなどの予防を行うケースではやはり業者の力が重要になってきます。ネズミ駆除を行うときには費用を抑えるために、複数社に相見積もりを取るようにしましょう。極端に値段の高い業者と、極端に値段の低い業者を見積もりの段階で省くことで、納得の費用で満足度の高いネズミ駆除をすることができます。

ネズミ駆除とは

最近ではネズミを見かけることも減りましたが、ネズミの被害に合う家はいまで珍しくはありません。ネズミ駆除では侵入してきたネズミを駆除するとともに、ネズミの侵入経路を塞ぐなどをして、駆除と予防の両方を行い、家をネズミから守ることになります。自分で駆除することも可能ですが、侵入経路を防ぐような工事は専門性が高くなりますので、業者に依頼する必要があります。

ネズミ駆除種類とメリット

ネズミを駆除するための方法はいくつかあり、それぞれに特徴やメリットが違います。ここではそんなネズミ駆除方法について紹介します。

捕獲駆除
ネズミの駆除の一般的な方法のひとつで、粘着シートなどを利用してネズミを捕獲します。ただしネズミは賢い生き物ですので、長年設置しているとネズミも粘着シートが危険であることを学習しますので、粘着シート単品ではなく、煙剤などと同時に使うことでより効果的に捕獲することができます。

薬剤駆除
毒餌を用いてネズミの駆除を行います。最初から毒餌を置くとネズミが警戒して近づかなくなりますので、最初は毒のない餌を用意して、ネズミの警戒心を解いてから毒餌によって殺すことになります。家のどこで死んでいるか分からないという欠点があります。

超音波による駆除
ネズミが苦手とする超音波を発生させることで、ネズミを撃退する駆除方法になります。人体や動物にも影響も与える可能性があるため、小さなお子さんやペットがいる場合はあまりオススメできない苦情方法になります。

ネズミの通り道を塞ぐ
ネズミが建物の中に侵入してくるのを防ぐことができれば、ネズミの被害にあう可能性は低くなります。このためネズミの駆除を行なった後は、ネズミの通り道を塞ぐ工事を行うことで、家をネズミから守ります。パテなどで本格的に穴を塞ぐ方法と、金属タワシや金網などで穴を塞ぐ方法があり、通り道のサイズや場所などに応じて使い分けをします。

ネズミ駆除を選ぶポイントと注意点

小さい子どもやペットがいる場合は、ネズミの駆除方法をしっかりと考えて行う必要があります。毒餌でも薬剤でも超音波でも、使い方を誤るとネズミだけではなく子どもやペットも被害にあってしまう可能性があります。罠も人間の手の届く場所に設置すると、ケガにつながる可能性があります。ネズミの駆除を行うときには、そのような被害を発生させない方法を業者と相談しながら決めるようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

ネズミ駆除のお役立ちコラム

Q.ネズミ駆除って必要?

ネズミ駆除をしないということは、ネズミは当然ながら増える一方です。

ネズミは鋭利な歯で色々な物を齧ってしまうので、食品はもちろんのこと、家具や建具にも被害は及び、配線を齧ってショートさせ火災の原因となったり、ガス管を齧ってガス漏れを引き起こすこともあります。幼児やペットなどの弱者だけでなく、成人でも身体を直接齧られて怪我をする可能性があります。

また、良く知られていることですが、ネズミは不衛生な動物で病気の原因となる菌やウイルスを媒介します。 体に寄生しているダニやノミが繁殖し、人間に被害をもたらすこともあります。他には、夜中に走り回る騒音から睡眠不足になったり、糞尿の悪臭やネズミの姿自体など、五感に訴える精神的な被害も発生します。