2018年10月22日

障子の設置、張り替え価格とポイントを障子の種類ごとに解説

日本の伝統的な建具である障子。部屋を区切るだけではなく、室内に光を採り入れることができるということで、最近は新しく障子にリフォームをする家も増えてきました。ところが、そんな障子の種類やメリットをきちんと把握している人はあまりいません。ここではそんな障子について、どんな種類があるのか、設置するに掛かる費用はいくらかなどをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

障子の設置にかかる費用とは

新しく障子を設置するのにはいくらくらい掛かるのでしょう?障子の種類ごとのおおよその価格は下記のようになります。障子は基本的にオーダーメイドで作りますので、サイズや使う材質によっても値段が違いますので、ここでの金額はあくまでも目安だと考えてください。

種類価格
荒間障子1枚 18,000円~
横繋障子1枚 19,500円~
縦繋障子1枚 21,000円~
吹き寄せ障子1枚 19,500円~
雪見障子1枚 30,000円~
ねこ間障子1枚 39,000円~

これらに加えて、古い障子の引取が1枚400~2,000円程度、取付費用と出張費が別途かかるケースもあります。また新規で枠をつける場合には、鴨居と敷居で10,000円とそれの取り付け費用に15,000円程度かかります。

それぞれの障子の特徴については、次で詳しく解説します。

障子の種類と特徴とは

障子に種類なんてあるの?と思うかもしれませんが、実はかなり多くの種類があります。何気なく見ていると、その違いにはなかなか気づかないものですが、種類を意識して見てみると「これがいい」という障子が見つかるはずです。

ここでは代表的な6つの障子について、それぞれの特徴をご紹介します。

荒間障子

荒間障子は荒組障子とも呼ばれ、組子の間隔を大きくしたタイプの障子です。和の雰囲気が強すぎないため、和室だけでなく洋室にもしっくりくる建具として人気があります。このため、マンションなどのリビングに接した和室との区切りなどに適しています。

障子の面積が広いため、部屋を明るく見せてくれるという効果も期待できます。モダンスタイルなど、和風になりすぎないように空間を仕上げたいときに適しています。

横繋障子

横繋障子は関東地方に多い障子で、横方向の桟が多く組まれています。市販されている横繋障子は和風の雰囲気をそれほど強調しないシンプルなデザインのものが多く、アンティークの場合は存在感が強く、懐かしい雰囲気を演出できるものが多いなど、同じ横繋障子でも新旧でイメージが異なる、不思議な建具でもあります。

デザイン面ではとても魅力的な建具ですが、実用面を考えたときに、ほこりが溜まりやすいという弱点があります。このため、こまめに障子の掃除ができない場合は、あまりおすすめできません。

縦繋障子

縦繋障子は縦方向の桟が多く組まれた障子で、和の雰囲気が強く日本らしさを強調することができる建具のひとつです。関西地方で古くから使われており、こげ茶色の組子と白色の障子のコントラストがとても美しいという特徴があります。

格子の幅を狭めることで入ってくる光を和らげることもでき、同じ縦繋障子でもちょっとしたデザインの違いでまったく違った表情を見せてくれます。

吹き寄せ障子

吹き寄せ障子は格子の間隔を一定にするのではなく、1本もしくは数本を片側に寄せたデザインの障子になります。デザイン性が高く洋室にも違和感なく設置できるなど、モダンスタイルの空間に適した建具です。

あまり見かけないタイプの障子で入手性はあまりよくありません。それでも、室内入ってくる光に濃淡ができ、遊び心のある空間を演出できるなどの魅力があるため、あえて選ぶという人もいる障子のひとつです。

雪見障子

雪見障子は、障子の下部に大きくガラスをはめ込まれています。このガラスから庭の風景などを楽しむことができるようになっていて、アンティークなどでよく見かけるタイプの障子です。とても明るく開放感があります。

ただし曇りガラスにするか、庭に高い塀を作るなどしないと、外から家の中が丸見えになってしまいます。デザイン性がとても高く魅力的な建具ですが、防犯面もしっかりと考えて選びたい種類の障子になります。

ねこ間障子

ねこ間障子はその名前の通り、猫が自由に出入りできるように工夫された建具です。障子の一部に可動式の小障子を取り付け、そこを開けることで猫が出入りできる構造になっています。猫が障子を破るという習慣に頭を悩ませた人が作ったとされていますが、実際に猫が障子を破らなくなるかというと、そうでもないようです。

最近は小窓にガラスをはめ込んだ障子も、ねこ間障子に分類されていますが、ガラス窓が付いているものは「擦上障子」と呼ばれるもので、雪見障子の一種とされています。ねこ間障子の設置を考えている人は「ガラスのないタイプ」と伝えるようにしましょう。

障子を新規で設置するメリットは?

思ったよりも費用がかかるなと感じてしまったかもしれませんが、障子を設置することによって、様々なメリットを感じることができます。障子にすることで、生活がどのように快適になるのかを見ていきましょう。

部屋がすっきりして見える

これまでカーテンを使用していた窓を引き込み式の障子にすることで、部屋全体をすっきりとした印象に出来ます。カーテンはオープンにしても視界に入ってしまいますが、引き込みタイプの障子であれば、そこに何もありません。視界に無駄なものがないぶん、部屋をスタイリッシュな雰囲気に仕上げることができます。

また、間仕切りに使っている障子を引き戸にすれば、2つの部屋を1つの大広間のように使うことも出来ます。部屋を大きく見せることもできれば、集中するために区切ることもでき、用途に応じて最適なサイズで使えるようになります。

部屋が過ごしやすくなる

障子は紙で作られていますので、断熱性通気性が高く、さらに調湿効果も期待できます。梅雨のような湿度の高い日には室内の湿度が上がるのを防ぎ、冬の乾燥した日には水分を放出して、室内に潤いを与えてくれます。

また、障子の白い紙は空間を広く見せる効果がありますので、圧迫感もなく快適に過ごすことができます。それでいて外の景色を隠してくれますので、目に入ってくる情報量を減らせますので、集中して作業するのにも適しています。

さらには防音性もアップしますので、室内がとても静かになります。このように障子を新しく設置するだけで、部屋がとても過ごしやすくなります。

光を遮断してくれる

障子の和紙は透過率が40~50%程度ですので、直射日光が部屋に入ってくるのを防ぐことができます。夏場の強い日差しはもちろんのこと、部屋を暑くする西日などが室内に入ってくるのをある程度防ぎつつも、きちんと光が射しますますので、カーテンのように閉めたからといって、照明を付けなくてはいけなくなるということもありません。

もちろん、光をいっぱい取り込みたいときには、障子を開ければいいわけです。その時の状況に合わせて最適な環境を作ることができるのが、障子の大きなメリットのひとつになります。

障子の設置を業者に依頼するときの注意点

障子を設置することを決めたら、次は業者を選ばなくてはいけません。残念なことに、障子などの建具を設置する業者すべてが、良心的な営業を行っているわけではありません。サービスが悪い業者もいれば、安い商品広告で集客して、実際には高い障子を買わせる業者もいます。

そのような業者を利用しないためにも、業者に依頼するときにどのような点に注意すればいいのかをご紹介します。

張り替えのみの業者ではないか確認する

ほとんどの人が、業者を探すときにインターネットで調べるかと思います。「地域の名前+障子」で検索すれば、いくつもの業者が出てきます。ただし、気をつけなくてはいけないのが、業者によっては新規の製作を行っておらず、張替えだけをしているケースがあるということです。

すでにお伝えしましたように、障子というのは定尺があるものの、製作する場合には基本的にはオーダーメイドになります。その家に合ったサイズで作りますので、その技術のない建具屋さんは製作を行わず、張替えだけに対応していますので、必ず新規で製作できるかどうかを確認してください。

きちんと対応してくれる業者にする

障子を設置してくれる建具屋さんの多くは職人さんですので、対応がそれほどしっかりしていないケースが良くあります。職人さんが1人で行っている場合には、説明が不足していたり、きめ細かなサービスがなかったりします。

もちろん、それでも満足度が高くなる仕上がりならいいのですが、設置した後のアフターフォローが全くなかったら困りますよね。このため業者を選ぶときには、対応がしっかりしている会社を選ぶようにしましょう。

  • 相談をしたときに分かりやすい言葉で説明してくれる
  • 見積書に明細が書かれている
  • アフターフォローがしっかりしている

おかしな業者に捕まらないようにするには、少なくとも、この3点を満たしていることをチェックしてください。相談したときには、依頼する側の気持ちをしっかりと汲み取り、分かりやすい言葉で説明してくれる業者なら、設置作業も丁寧に行ってもらえます。

また、見積書に「障子設置工事一式」というような書き方をしてくる業者は避けてください。障子が1枚いくらなのか、設置作業にいくらかかるのかなどの明細が分かる見積書を出してくれる業者の中から選ぶようにしてください。

そして、先程も触れましたが、アフターフォローのない業者は絶対にNGです。設置したときにはスムーズに可動した障子が、数日で動きが渋くなるようなこともあります。そのときにきちんと対応してくれることを確認しておきましょう。

まとめ

障子は古い日本家屋の建具と思われていますが、最近はそのメリットの多さから洋室にあえて障子を設置する家も増えています。和室の障子も標準的なものから、ガラスと組み合わせたものにするなどのリフォームも人気があります。

さらにはアンティークなどのオシャレな障子を使うこともできるなど、デザイン面でも選択肢が多いという特徴もあります。紙ですので破けてしまうというデメリットもありますが、慣れれば自分で張り替えも可能です。

室内空間を快適にしてくれる障子。新規で設置する場合は決して安いものではありませんが、それに見合っただけの価値のある建具です。障子が気になるという人は、まず建具屋さんやリフォーム会社に相談して見ることから始めましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります